読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもい出したこと diary

日々の出来事を記録する日記

私に似た人

つぶやき

なぜか、昔から人違いをされる。

他県から熊本県に越して来た当初から、知らない人に「○○ちゃん」と全然知らない名前で呼ばれる事がたまにある。

 

子供の頃は警戒心が強かったので、「声掛け事例か」と疑ったが、相手の話しを聞いてみると「姪にそっくり」だとか、同年代だと「友達にそっくり」だとか私に似てる人が日本国中に複数人いるようだ。

 

人によっては一方的に一気に話して、さよならと帰っていく人もいた。

中には、とぼけていると疑われて本当に違うのかと問われることもあった。

 

最近も「××さん?」と問われた。

「違いますよ」と丁寧に人違いと伝えると、「えーっ そっくり!」と不思議がられた。

 

今は携帯やスマホがあるので、私に似てる人の写真がないか聞いたら、撮ってないそうで、その場で私の写真を撮って相手に見せて欲しいと言ったけれど、生憎写真を撮るツールを忘れたそうで残念そうにしていた。

私も幼い頃からの歴代そっくりさんに会いたいよ。

 

ちょっと待て、オカルト話ではドッペルゲンガーに会うと何か良く無い事がおきるなんて聞いた事があるぞ。

 

小学5年の頃、流感で高熱を出して家で動けず寝込んでいた。

すると買い物から帰って来た母が、「あんた熱あるのになんでニコニコ堂をうろついてたの!」と凄い剣幕で怒鳴られた。

体がだるくて動けないのに、ニコニコ堂までは自転車で5~6分は掛かる。

ずっと寝てたと言うと、「親が見間違える訳ない」と言って信じてもらえなかった。

その幻の私は同年代の少女と談笑していたそうな。

 

当時は談笑する友達なんて居なかったから絶対私ではない。

 

会いたい様な、怖いような、ドキドキしちゃう わたしの胸。